Now Loading
Now Loading
bg
bg
人生に記憶を刻む経験を。トロワグロがお連れします。
bg

至福のレストラン 三つ星トロワグロ

94歳の巨匠フレデリック・ワイズマン監督が、親子3代で55年間三つ星を持ち続け、グリーンスターに輝いた最高峰のフレンチレストラン、その驚異の秘密に迫る―
item
item
billing
8月23日(金)よりBunkamuraル・シネマ 渋谷宮下、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開

NEWS

decoration
decoration

trailer

decoration
decoration

INTRODUCTION

全米映画批評家協会賞ノンフィクション映画賞ほか数々の賞を受賞!
映画と料理、世界の最高峰が出逢う―心が満ちる、至福の時間
image
		94歳の巨匠フレデリック・ワイズマン監督が
			親子3代に渡って55年間ミシュランの三つ星を持ち続け、
			グリーンスターに輝く<トロワグロ>、その驚異の秘密に迫る―
image
image

 2014年にヴェネチア国際映画祭で栄誉金獅子賞、2016年にはアカデミー賞®名誉賞を受賞し、〈現存する最も偉大なドキュメンタリー作家〉の称号を手にしたフレデリック・ワイズマン監督。樹々と湖に囲まれた印象派の絵画のようなフランスの村ウーシュに佇む<トロワグロ>を訪れ、レストランと料理に魅了されて撮影を熱望。バレエ・美術などのアート分野から、医療・教育・行政など福祉分野まで、あらゆる業界に踏み込んできた巨匠が、94歳にしてはじめて料理芸術の世界に挑んだ。2022年からスタートした撮影と編集を経て完成した本作は、2023年全米映画批評家協会賞ノンフィクション映画賞を始め、数々の誉れ高いドキュメンタリー映画賞を独占している。

 数ある三つ星レストランの中でも、世界の美食家たちが生涯で一度は訪れたいと願うことでも名を馳せる〈トロワグロ〉とは、トロワグロ・ファミリーが、1930年にフランスの中部で創業したフレンチレストランだ。映画では、2017年に建築家パトリック・ブシャンが建てた、自然と解け合うレストランを主な舞台に、オーナーシェフ3代目ミッシェルと4代目セザール、さらにスタッフたちの終わりのない食への追求の日々を捉える。

image

 試行錯誤を繰り返し新しいメニューが創造されるエキサイティングな瞬間、厨房でシェフたちが丹念に調理する過程、ホールスタッフの洗練されたサーブと料理のプレゼンテーション、ソムリエのワイン解説。マルシェでの食材の仕入れ、有機農園、オーガニックの牧場やチーズ工場へ赴き、パーマカルチャーに取り組む。シェフ、スタッフの素晴らしい芸術性、創意工夫、想像力、努力の結晶が目の前に展開する。

 家族で始めたレストランが創業以来94年間、なぜ変わらず愛され続けてきたのか──その秘密が今、明かされる。世界屈指のレストランの秘密に迫り、五感を刺激し心が豊かになる、かつてない極上のレストラン体験へ―。

INTRODUCTION

全米映画批評家協会賞ノンフィクション映画賞ほか数々の賞を受賞!
映画と料理、世界の最高峰が出逢う―心が満ちる、至福の時間
image
		94歳の巨匠フレデリック・ワイズマン監督が
			親子3代に渡って55年間ミシュランの三つ星を持ち続け、
			グリーンスターに輝く<トロワグロ>、その驚異の秘密に迫る―
image
image

 2014年にヴェネチア国際映画祭で栄誉金獅子賞、2016年にはアカデミー賞🄬名誉賞を受賞し、〈現存する最も偉大なドキュメンタリー作家〉の称号を手にしたフレデリック・ワイズマン監督。樹々と湖に囲まれた印象派の絵画のようなフランスの村ウーシュに佇む<トロワグロ>を訪れ、レストランと料理に魅了されて撮影を熱望。バレエ・美術などのアート分野から、医療・教育・行政など福祉分野まで、あらゆる業界に踏み込んできた巨匠が、94歳にしてはじめて料理芸術の世界に挑んだ。2022年からスタートした撮影と編集を経て完成した本作は、2023年全米映画批評家協会賞ノンフィクション映画賞を始め、数々の誉れ高いドキュメンタリー映画賞を独占している。

 数ある三つ星レストランの中でも、世界の美食家たちが生涯で一度は訪れたいと願うことでも名を馳せる〈トロワグロ〉とは、トロワグロ・ファミリーが、1930年にフランスの中部で創業したフレンチレストランだ。映画では、2017年に建築家パトリック・ブシャンが建てた、自然と解け合うレストランを主な舞台に、オーナーシェフ3代目ミッシェルと4代目セザール、さらにスタッフたちの終わりのない食への追及の日々を捉える。

image

 試行錯誤を繰り返し新しいメニューが創造されるエキサイティングな瞬間、厨房でシェフたちが丹念に調理する過程、ホールスタッフの洗練されたサーブと料理のプレゼンテーション、ソムリエのワイン解説。マルシェでの食材の仕入れ、有機農園、オーガニックの牧場やチーズ工場へ赴き、パーマカルチャーに取り組む。シェフ、スタッフの素晴らしい芸術性、創意工夫、想像力、努力の結晶が目の前に展開する。

 家族で始めたレストランが創業以来94年間、なぜ変わらず愛され続けてきたのか──その秘密が今、明かされる。世界屈指のレストランの秘密に迫り、五感を刺激し心が豊かになる、かつてない極上のレストラン体験へ―。

image
image

Director

監督・編集・録音:フレデリック・ワイズマン Frederick Wiseman

line

Director

監督・編集・録音:フレデリック・ワイズマン Frederick Wiseman

line

1930年アメリカ合衆国ボストン生まれ。'54年イェール大学大学院卒業後、弁護士として活動し、その後軍隊に入る。除隊後、弁護士業の傍ら大学で教鞭をとるようになる。’63年にシャーリー・クラーク監督作品『クール・ワールド』をプロデュースし、映画製作の道に足を踏み入れる。’67年、ドキュメンタリー映画『チチカット・フォーリーズ』で初監督。これまでに44本のドキュメンタリー映画を制作、現代社会をモザイクのように描く。’71年、現在も活動の拠点とする自身のプロダクション「ジポラフィルム」を設立。2000年に『最後の手紙』、’22年に『カップル』という2本の劇映画を監督。アメリカのエミー賞4回、マッカーサー・フェロー賞、グッゲンハイム賞など数々の賞を受賞。’14年にはその功績が称えられ、第71回ヴェネチア国際映画祭で栄誉金獅子賞を受賞、’16年にはアカデミー賞®名誉賞を、そして’21年にはカンヌ国際映画祭ゴールデン・コーチを受賞している。

フィルモグラフィー

『チチカット・フォーリーズ』Titicut Follies(1967年)
『高校』High School(1968年)
『法と秩序』Law and Order(1969年)
『病院』Hospital(1969年)
『基礎訓練』Basic Training(1971年)
『エッセネ派』Essene(1972年)
『少年裁判所』Juvenile Court (1973年)
『霊長類』Primate(1974年)
『福祉』Welfare(1975年)
『肉』Meat(1976年)
『パナマ運河地帯』Canal Zone(1977年)
『シナイ半島視察団』Sinai Field Mission(1978年)
『軍事演習』Manoeuvre(1979年)
『モデル』Model(1980年)
『セラフィータの日記』Seraphita's Diary(1982年)
『ストア』The Store(1983年)
『競馬場』Racetrack(1985年)
『聴覚障害』Deaf(1986年)
『視覚障害』Blind(1986年)
『適応と仕事』Adjustment and Work(1986年)
『多重障害』Multi-Handicapped(1986年)
『ミサイル』Missile(1987年)
『セントラル・パーク』Central Park(1989年)
『臨死』Near Death(1989年)
『アスペン』Aspen(1991年)
『動物園』Zoo(1993年)
『高校Ⅱ』High School II(1994年)
『BALLET アメリカン・バレエ・シアターの世界』Ballet(1995年)
『コメディ・フランセーズ 演じられた愛』La Comédie-Française ou L'amour joué(1996年)
『パブリック・ハウジング』Public Housing(1997年)
『メイン州ベルファスト』Belfast, Maine(1999年)
『DV|ドメスティック・バイオレンス』Domestic Violence(2001年)
『最後の手紙』La Derniere lettre / The Last Letter(2002年)
『DV2』Domestic Violence 2(2002年)
『ガーデン』The Garden(2004年)
『州議会』State Legislature(2006年)
『パリ・オペラ座のすべて』La Danse(2009年)
『ボクシング・ジム』Boxing Gym(2010年)
『クレイジー・ホース・パリ 夜の宝石たち』Crazy Horse(2011年)
『大学』At Berkeley(2013年)
『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』National Gallery(2014年)
『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』In Jackson Heights(2015年)
『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』Ex Libris – The New York Public Library(2017年)
『インディアナ州モンロヴィア』Monrovia Indiana(2018年)
『ボストン市庁舎』City Hall(2020年)
『カップル』A Couple(2022年)
『至福のレストラン/三つ星トロワグロ』Menus-Plaisirs – Les Troisgros(2023年)

line
フレデリック・ワイズマン Frederick Wiseman
line
bg
人生に記憶を刻む経験を。トロワグロがお連れします。
troisgros
troisgros

ABOUT TROISGROS

世界的に有名でありながら、4世代に渡って家族で経営しているレストランはほとんどない。
さらに、親子3代でミシュランの三つ星を55年も獲得し続け、グリーンスターにも輝いている傑出したレストラン。

はじまり

1930年、フランス中央部ロワール県のロアンヌでジャン・バティストとマリー・トロワグロは、料理とワインセラーで有名なホテル・モデルヌを大成功させる。そして、ふたりの息子ジャンとピエールは、マキシムやルキャ・カルトンといった一流レストランで修業を積み、ラ・ピラミッドでポール・ボキューズと一緒に働き親交を深める。

第2世代

50年代初頭、ジャンとピエールがレストランの厨房を引き継ぎ評判となる。’56年にはミシュランの一つ星を獲得。’62年には 有名な “サーモン・オゼイユ"で名を馳せる。’65年に二つ目の星を得る。三つ目の星は’68年に獲得する。

第3世代

ピエールの息子ミッシェルは、70年代末マリー=ピエールとともに料理の世界を巡る旅に出て、’83年にロアンヌに戻る。’95年、ロアンヌの中央にル・サントラルをオープン、翌年にファミリーのレストランのトップに立つ。’03年、ゴ・エ・ミヨ誌はミッシェルを “シェフ・オブ・ザ・イヤー"に選出。そして’06年、東京にキュイジーヌ・ミッシェル・トロワグロがオープンし、日本への愛着が現実化する。2年後、ミッシェルとマリー=ピエールは、ロアンヌから20分の距離の河畔に初の田舎のレストラン、ラ・コリーヌ・デュ・コロンビエをオープンする。

第3世代

カリフォルニアからカタルーニャまでの料理の旅を経て、ミッシェルとマリー=ピエールの長男のセザールが’14年に加わる。次男のレオは、ベルリンから日本への旅を終えた。’17年2月、トロワグロはウーシュの中心に、建築家パトリック・ブシャンとともに、自由でユニークな設計の新たなレストランをオープンする。
そして‘23年、トロワグロはミシュランの三つ星を獲得して55周年を迎えた。

Comment

最初から最後まで魅惑的!

Plate
ニューヨーク・タイムズ紙

まるでトロワグロの食卓に招かれたかのよう。お腹も心も満たされた満腹気分を味わう。

Plate
プルミエール誌

目のご馳走。誠実で魅惑的なドキュメンタリー。

Plate
テレラマ誌

ワイズマンの手にかかれば、レストランはもはやスペクタクルの舞台となる!

Plate
ル・モンド紙

ワイズマン映画史上、いつにも増して素晴らしい!
主役は料理にかかわるものたち──ソース、素材、下準備、盛りつけ、それらが、この映画のすべて!

Plate
ロサンゼルス・タイムズ紙

トロワグロ家の名高い厨房にカメラを構えたアメリカの偉大なドキュメンタリー作家は、フランス料理の伝承というテーマにおいて、示唆に富んだ映画を創造した。

Plate
リベラシオン紙

食を愛する者にとっての夢の映画であり、シェフを目指す人にとってのガイドブックでもある。

Plate
ハリウッド・リポーター紙

近年のワイズマン作品における芳醇な最高傑作。
第二の故郷であるフランスとその料理文化への関心が最高に高まる!

Plate
スクリーン誌

この映画はある家族の肖像画であると同時に、ひとつのレストランを追ったものでもある。
菜園からチーズの熟成庫まで、食堂の落ち着いてエレガントな空間から厨房の静かな喧騒まで、なによりも時代の変化を物語る。そして、父から子へのバトンタッチも。

Plate
フランス・アンフォ